源泉徴収あり・なしの特定口座、一般口座、それぞれの口座のメリット・デメリットは?

株や投資信託を購入するときには、投資専用の口座を開設します。それには「源泉徴収ありの特定口座」、「源泉徴収なしの特定口座」、「一般口座」この3つのどれかで開設しますが、どれを選ぶとよいのでしょうか?

特定口座とは

証券会社が自動的に年間の損益計算を行なってくれる口座です。

スポンサーリンク

源泉徴収ありの特定口座の特徴

メリット

取引本人の代わりに自動的に税金を天引きして払ってくれるため、確定申告が不要です。間の節約となります。

デメリット

通常、サラリーマンなどの一定の給与所得者は「年間の利益が20万円以下であれば確定申告が不要」という特例があり、インカムゲインやキャピタルゲインがあってもその金額内であれば税金が引かれません。

しかし、こちらの口座ではこの特例が使えず、毎回源泉徴収のたびに投資原本が目減りして再投資をする際、効率良く運用ができません。しかも引かれた分は後から税金の還付申告をしても戻ってきません。

オススメはこんな人

  • 年間の取引金額が大きい人
  • 取引回数が多い人
  • 忙しい人
  • 自分で損益計算するのが面倒な人
  • 元本の目減りを気にせずにひとつの証券会社で投資をする人

源泉徴収なしの特定口座

メリット

  • 年間の損益計算をしてくれるので、自分で計算をする手間が省け、確定申告が簡単になります。
  • 取引の度に利益から税金が引かれず、資金を効率的に再投資することができます。
  • 給与所得者で20万円以下の儲けであれば、確定申告不要という特例も使え、その分の税金を払わずに済みます。

デメリット

20万超の儲けが出たら自分で確定申告をする必要があり、手間がかかります。

オススメはこんな人

年間の取引金額が少額の人

一般口座

メリット

すべての特例が使える点。

デメリット

自分で損益計算する必要があるので、取引が頻繁にあり集計作業が膨大となります。

オススメの人

特定口座に入れられない端株や外国株などの取引をしたい人。

損失を繰り越すときはどの口座でも確定申告は必要

譲渡損失の繰越控除を適用するには確定申告が必要です。また複数の証券会社での損益通算、同一証券会社での一般口座と特定口座とで損益通算する場合も確定申告が必要です。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事