自営業の経費はどこまで認められる?

自営業・フリーランスの人が税金をやすくするためいはいかに「必要経費」を増やすかにあります。必要経費とは、収入を得るために使った費用のこと。仕入れ費用だけでなく、パソコンの購入費や打ち合わせのため他の喫茶代もみとめられます。経費が多ければ所得が下がり、所得税が安ければ住民税も安くなり、節税効果も期待できます。

私も将来は独立したいなーと思ってはいますが、青色申告の仕方だとか、なにが経費として申告できるのか、わからないことが多いです。ここは自分のためにも、一度経費として認められるものをまとめました。

スポンサーリンク

経費として認められるもの一覧

科目名 経費の種類 具体的内容
消耗品費 文房具 1品あたり10万円未満の消耗品や事務用品
通信費 電話代やインターネット代 電話代や郵便代、宅配代、インターネットの接続量など
接待交際費 交際費 得意先を招待した場合の飲食代、来客用の茶菓子代、得意先に対する贈答など
会議費 打ち合わせ費 会議室代など打ち合わせのための費用
旅費交通費 交通費や宿泊費 業務上の電車賃やバス代、タクシー代、宿泊代など
新聞図書費 新聞や資料代など 客用におく新聞・雑誌などの購読料や購入費、資料用の書籍など
損害保険料 保険料 建物など減価償却資産などに対する火災保険料や自動車保険料など
修繕費 建物や設備の修理代 建物やパソコンなどの付属設備、自動車などの修理・メンテナンス代
車両費 ガソリン代 車のガソリン代、高速通行料、駐車料、車検など
減価償却費 建物や自動車など 建物や付属設備、自動車などの減価償却資産
地代家賃 事務所の家賃 事務所の家賃(自宅兼の場合は、敷地面積のどれだけ事務所として使っているかを按分)
水道光熱費 電気・ガス・水道料 事務所の水道など光熱費(家賃と同じように自宅兼用の場合は敷地面積のどれだけ面積
外注工賃 外注先への支払い 仕事を外注した場合に発生する代金
給料賃金 従業員への給料 家族以外の従業員に支払う給料や賞与など

経費と認められるポイントは、事業との関連性

職業によっても必要経費の範囲が異なる

たとえばカラダが資本のアスリートなら栄養サプリメント代も経費となりますし、美容師など接客に関わる場合は衣装代も経費として計上できます。絶対的決まりがなく、事業に関連しているかが判断基準となります。領収書は集められるだけ集めて起きましょう!

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事