医療費控除として認められる内容はコレ! 妊娠・出産・眼科・薬など控除のポイントは?

ひとくちに「医療費」といっても、その内容は多岐に渡ります。これって医療費控除できるの?と疑問に思うものも沢山ありますね。今回は、どのような内容が医療費控除の対象となるのかまとめてみました。

医療費控除のポイントは2つ:「治療のためか」「医師の指示があったのか」

美容目的、疲労回復、健康維持、予防は対象外ですが、「治療のため」であれば、ドラッグストアで購入した風邪薬や、鍼・灸・マッサージの治療院で受けた施術なども対象となります。

スポンサーリンク

医療費控除OK

入院・通院

  • 医師の指示による差額ベッド代
  • 通院に必要なバス・電車代
  • 入院中の家族以外の付添人の報酬・交通費

妊娠・出産

  • 妊娠中の定期健診、そのための交通費
  • 不妊治療の治療費、人工授精の費用
  • 分娩費用や入院費用
  • 助産師さんに払う費用

歯科・眼科

  • 歯の治療費(保険が利かない金歯や金冠もOK)
  • 歯科ローンで払う場合の治療費部分
  • 眼科の治療費

その他の薬・器具など

  • 風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、傷薬など、治療薬全般
  • 温泉地のリハビリ専門病院の入院費
  • 在宅療養の看護師の報酬

条件付で医療費控除OK

入院・通院

  • 入院中の食事(病院食のみ。外食や出前はNG)
  • 緊急時やバス・電車による移動が困難な場合のタクシー代
  • 腰痛などの治療目的の整骨院やマッサージ治療院での費用

妊娠・出産

  • 陽性反応が出た場合のみ、妊娠判定の検診料
  • 出産で入退院する場合のタクシー代
  • 優生保護法に基づいて医師が行なう場合の妊娠中絶費用

歯科・眼科

  • 発育段階の子どもの歯列矯正費用
  • 20歳以下で強制視力0.3未満の場合、または医師の指示がある場合の弱視用メガネ
  • 医師の指示がある場合の白内障などの治療用メガネ代

その他の薬・器具など

  • 医師の指示によるアトピー性皮膚炎のかゆみ止め
  • 通院や受診に必要な場合の松葉杖、車椅子、補聴器
  • 医師や柔道整復師などの有資格者が行なうカイロプラクティックの施術費
  • 治療目的の鍼、灸、マッサージ
  • 医師が発行する「おむつ使用証明書」がある場合の寝たきりの人のおむつ代
  • 病気が見つかり、治療する場合の健康診断や人間ドックの費用

医療費控除NG

入院・通院

  • 本人の都合による差額ベッド代
  • 入院中のテレビや冷蔵庫のレンタル代
  • 自家用車で退院した場合の交通費
  • パジャマなどの代金やクリーニング代
  • 親族・友人・医師などへの謝礼

妊娠出産

  • 里帰り出産の帰省費用
  • 紙おむつなどの育児用品

歯科・眼科

  • 歯科ローンで払う場合の利子部分
  • 美容目的の大人の歯列矯正費用
  • 歯垢・歯石除去費用
  • 近視、乱視、遠視用のコンタクトレンズやメガネ代
  • メガネなどを作るための検眼費用

その他の薬・器具など

  • 風邪予防のうがい薬代
  • 栄養ドリンク、健康食品、サプリメント代
  • 予防接種の費用
  • マッサージ機や血圧計など健康維持のための器具購入費用

いかがでしたか?

今回紹介したもの意外にもどんな内容であれ「治療目的」であることと「医師の指示」によること、どちらかを抑えておくことで医療費控除の対象とされるはず。対象になるかどうか判らなければ、ひとまず領収証を保管しておきましょう。

医療費控除のすべてがわかる本

新品価格
¥1,620から
(2016/4/24 13:59時点)


スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事