アプリanswerを使えばポートフォリオの管理が楽々できる♪

マネックス証券が作った国内投資信託の管理アプリがあり、ポートフォリオの作成に役立ちそうなので紹介します。

スポンサーリンク

answerに保有ファンドを登録する

例えば、私は2016年3月末の時点でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(以下、グロバラ)とセゾン資産形成の達人ファンド(以下、達人ファンド)の2つを保有しています。

アプリ内で検索して2つのファンドを登録し、その時点での評価額を手入力しました。

証券口座にネット上からアクセスすれば、情報を取り込むことも可能。

それ以降、資産額は自動更新されます。

目標リターン、ないしはリスク許容度に応じて「スコア」を設定

たとえば、スコア80という設定は最大値215.8%、中央値61.2%、最小値 -17.8%。

積極運用(ハイリスク・ハイリターン)の設定ですね。

私の年齢は30台前半。

資産が減っても人的資本でカバーできる余地があるので、資産は積極運用しても良いのではないかと考えています。

それに、積立投資を2万円から始めたばかり。資産額が半分になってもまだまだ平気です。

200万円が半分になったら泣くかもしれないから、貯蓄も同額以上は持っていたいですね。

目標ポートフォリオと自分のポートフォリオとが比較できる

設定した「スコア」を再現するポートフォリオはどう組むべきか?

マネックスが提唱する目標ポートフォリオと自分のポートフォリオとを比較することができます。

そうすることで「○○が多いな、売却しよう」とか「××が少ないな、買い増ししよう」とかリバランスがしやすくなります。

私の場合、目標ポートフォリオと比較すると国内株と国内債券の比率がかなり低いです。

バランスファンドを買えば勝手にリバランスしてくれるけれど

アプリの画面をキャプチャした時点で、グロバラ(債券50:株式50)と達人ファンド(株式100%)を1万円ずつ積み立てているので、合計すると債券1:株式3となります。

グロバラがインデックスファンド、達人がアクティブファンドという違いがありますが、理想の配分です。というか、債券はもっと減らしてもいい気がします。

  • 資産クラスの配分に関しては、GDPに合わせて投資先を決める世界経済インデックスファンドのほうが新興国多めで好みだけど、分配金が出ているなぁ。
  • 株式シフト型の世界インデックスファンドのほうが効率よく運用されているけど、総資産が少なめかな、でも気になる。
  • 運用の安定感はセゾン投信だけど、新興国株多めにしたくて、REITも加えたい。
  • REITも加えるならSMTインデックスバランス・オープンがいいけど、国内投資の比率が高すぎる。
  • 新興国債券もきになるな〜。

などとあれこれ考えます。

私の場合、バランスファンドに個別ファンドをトッピングする形になろうかと思います。

ちなみにスコアの数値を下げて安定型運用を目指すと、株式:債券=1:1のバランスになり、グロバラのようなバランスになります。

安定運用をしたい方は、グロバラや世界インデックスファンドのようなバランスファンドを1本持っておくと良いでしょうね。

投資の成否はアセットアロケーション(資産配分)で決まるという記事を参考にしたところ、 

  • ポートフォリオ(金融資産一覧)とは、 どのような金融商品にどれくらいの金額を投資しているのかという現状を意味する。
  • アセットアロケーション(資産配分) というのは資産をどのように配分するかというルール、方針を意味する。

私の場合、「グロバラと達人ファンドを保有している」のがポートフォリオで、それに「新興国株式・債券、REITを加えたい」というのがアセットアロケーションですね。

皆様も、ポートフォリオをアセットアロケーションに近づけるために、answerを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事