簡単かつ確実に貯金する方法 – 馴染み深い○○を利用する

貯金しようと思ってもうまくできない。

もっと収入があれば貯金できるのに。

そう思っている方、いませんか?

このような方はそもそも入ってきたお金をどんな用途で使うべきか、「お金を用途別に分ける」ことができてないのです。

わたしもかつてはお金の用途を「使う」と「貯める」2つに分けていました。しかし、実は4つに分けたほうが確実に貯金できるのです。

今回は誰でも持っているであろう、とあるものを活用して、簡単に貯金する方法についてシェアしたいと思います。

お金を用途別に分けるのに、具体的にどうしたらよいかわからない方には是非今回の記事を読んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

お金を用途別に「銀行口座」に振り分ける

皆さんは銀行口座をいくつ持っていますか?

生活用、貯蓄用、プール用、投資用の4つの口座を用意しましょう。

用途別に口座を分けることで曖昧さがなくなり、お金の管理がしやすくなります。

生活用口座とは

日常生活に必要な家賃、光熱費、電話代、保険のような固定費と、なかば固定費と化している食費や日用品費、くれじっとクレジットカードなど、一ヶ月に出費する費用が予測可能な出費がありますね。

給与振込口座と生活用口座は一緒にしても構いません。

貯蓄用口座とは

将来の独立資金、結婚資金、住宅購入の頭金、万が一働けなくなった時の資金、など本当に必要なときいがいは使わない貯金のための口座。

生活用口座と分けることで「使うお金」と「貯めるべきお金」を明確にすることが貯蓄への第一歩。

プール用口座とは

旅行、帰省、賃貸物件の更新料、引っ越し費用、結婚式参加費、お祝い、高級レストランに食べに行くなど、1年以内に使うお金をプールしておくための口座。

貯金をしているはずなのに貯まらないというヒトの原因の一つが「急な出費で貯金を崩す」こと。

この「急な出費から貯金用口座を守る」ことができるプール用口座投資用口座を作ることで、あなたの貯金は増える見込みが大きくなります。

投資用口座

安定して貯金できるようになったら投資用を用意しましょう。低金利の日本では貯蓄だけではお金がなかなか増えません。

投資は元本割れを起こす可能性があるのでので、貯金をして生活を安定させてから投資資金を確保しましょう。ローリスクローリターンの金融商品から始めましょう。

私が実際にやった口座の分け方

口座をひとつひとつ用意しても良いでしょうが、ひとつの口座に定期預金と通常預金とがありますね。私はは試しに貯蓄用、プール用、投資用の口座を2つに銀行口座へ分けてみました。

投資用口座をさらに目的別に2つに使い分ける

定期預金

数万円から数十万円入金しておいて、将来的に株の購入代などまとまった金額を入れる予定。

普通預金

積立投信の引き落とし口座。毎月引き落としが発生します。

ひとつの口座を貯蓄用口座 兼 プール用口座にする

定期預金

長期的な貯金用口座。現在20万円、目標金額40万円。

普通預金

プール用口座。現在4万円。来月、温泉旅行に行くので、それで消えてしまいそう。その後は10〜20万円の貯金を目指す予定。

貯金は「お金の管理」が大切

最後に、お金の管理の仕方を学ぶ上で読んでいただきたい本を紹介します。

私は以前は、お金の口座は「生活費」と「貯蓄用」の2つだけでした。この書籍を読んで、口座を4つに分けてさらにお金の管理の仕方が理解しやすくなりました。

>>>『「しくみ」マネー術』をチェックする<<<

この書籍を読むことで、お金の管理の仕方に関する知識が深まるだけでなく、作った4つの講座を活用する具体的に方法をさらに学ぶことができます。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事