やっぱりお金を持っている人のところにお金が集まるようになっているというエピソード

今回は今回は人から聞いた、IPOに関する小話をシェアします。ETFとIPOをメインに投資をしている男性が知人にいますが、今回のIPOで複数当選して儲かったそうです。

IPOといえば「株で儲かる」の典型例ですね。過去でいうとYahooとかセブン&アイホールディングスとかみたいな急上昇する銘柄を保有できたらまさしく大儲け。当然そんなステキなシステムは人気で抽選となるため、申込者は当選しなくてはなりません。で、なかなか当選しないもんで、ネットでもこうしたらIPOの当選確率が上がる!というノウハウみたいなのが人気になるんですね。

IPOが当選しやすい会社・そうでない会社とは?

その方は証券口座を複数持っているので、当選する会社とそうでない会社と、傾向がわかったそうです。

それは、

メジャーではない証券会社のほうが当たりやすい

とのこと。

メジャーではない証券会社というのは「一番最初にそこで口座開設しないよね」という会社です。 

メジャーでない証券会社=口座開設数が少ない=IPO申込少ない=当選確率が上がる

わけです。

考えたら当たり前ですよね。

スポンサーリンク

口座は複数開設

当たりやすい証券会社を選ぶというのも肝心ですが、複数の口座から申し込んだほうが当選確率が上がるというシンプルなやり方があります。

たくさん申し込めば当たる確率が上がるのは当然なのですが、投資用資金をそもそも持っていなくては複数の口座から申し込むことができません。

お金をたくさん持っている人にはお金儲けのチャンスが巡ってくる

そして、お金持ちはさらにお金持ちになる。そんなリアルなケースとしてIPOもあるのでした。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事