投資をやるリスク、投資をやらないリスク

株を買うからには、インカムゲインとかキャピタルゲインとか期待します。

株でも不動産でもゴールドでも外貨でも価格変動をするので、投資をするとリスクがあることを覚悟しなくてはいけませんが、投資しないで現金だけ保有していれば必ず資産が守ららるとも限りません。なぜなら、投資をしないリスクがあるからです。

これはどういうことでしょうか?

スポンサーリンク

資産はいろんな金融資産に分けよう

例えば、

  • 日本円の現金保有100%の人


と、

  • 不動産
  • 日本円
  • 株式
  • 外貨
  • 純金  に資産配分している人

どちらがリスキーでしょうか?

リスクを取らないリスク なんて考えがある通り、資産の全てを1通貨だけの現金保有率100%のほうがリスキーだから、株とかゴールドとか外貨とかに資産を分散しようぜ!という資産を守る側面が投資にはあります。

複数の金融資産を持っていると

通貨は為替変動リスクに晒されていて、円高とか円高とか価値が一定ではありません。円安になったりしたら外貨で保有してる方がいい。

またデフレならモノに対してお金の価値が高いですが、ハイパーインフレになったら食品だって札束の山を用意しなければ買えなくなります。インフレ時は株、不動産、純金の価値が上がります。

不動産は直下型地震や津波がくるとマズイですね。

テロとか戦争が始まったりして経済不安が強まると株の価値が下がるが、純金がの価値が上がります。

経済が安定していて円高でデフレで平和だったら、現金の価値が高いですね。

…みたいにどこかの資産の価値が下がっても、他の資産の方が上がって、全体で見ると金融資産の価値は維持されたりします。

1通貨だけ現金保有率100%だと

日本円で現金保有100%だった場合、経済破綻・デフォルトしたりしたら日本円(特に紙幣)の資産は暴落すします。

万が一のとき、資産価値が全て吹っ飛ぶわけです、これが投資を全くしなかった場合の「リスクを取らないリスク」です。

機会損失のリスク

リスクを恐れるあまり投資をしないままでいれば、投資をしていれば得られたはずの利益を逃してしまう『機会損失』のリスクがあります。投資の世界においては、リスクは避けるモンではなく、しっかり知識を身につけてとりにいくのです。

資産を守る投資から始めませんか?

最初からハイリスクハイリターンの投資はお勧めできませんが、ローリスクローリターンの投資から始めてみましょう。

私は現金と純金の2つの資産に分けたところ。これから少しずつ、積立投信とか米国株とか、いろんな金融商品を買っていくつもりです。

投資で資産を増やそう!と思うと最初からなかなかうまくいかないかもしれませんが、「資産を守る投資」ならビギナーでもできますね。

リスクを取らないリスク [ 堀古英司 ]

>>>リスクを取らないリスクをチェックする<<<

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事