ハッピー・マネー・ピッグのピギーちゃんを使えばお金の管理が上手になる!

当ブログのヘッダーに登場しているピンク色の豚の貯金箱。これはハッピー・マネー・ピッグのピギーちゃんという貯金箱⇒ピギーちゃんのサイトはこちら

ハッピー・マネー・ピッグの「ピギーちゃん」は単なる貯金箱ではありません。子どもたちがおカネの使い方を学ぶためのマネー教材です。

「ピギーちゃん」には、SAVE(ためる、貯蓄)、SPEND(つかう、消費)、DONATE(ゆずる、寄付)、INVEST(ふやす、投資)という4つのおカネの投入口があります。それぞれの口から入れたおカネは、お腹の4つの部屋に入り、それぞれの足から取り出せます。このようにしておカネを4つに分けて管理する考え方を、私たちはハッピー・マネー四分法と呼んでいます。

ピギーちゃんをお子さまに与えることで、ハッピー・マネー四分法を自然に学ぶことができます。子どもたちは4つのおカネの使い方を学び、おカネや経済、その先にある世界の仕組みについて考えることができます。
そして、ピギーちゃんが到着したその日から、家族でのおカネについての楽しく有益な会話がはじまります。

こんな素敵なピギーちゃんを我が家にお招きしたら、私もお金の管理のしかたが自然と身につく!?ということで、我が家の資金管理の守り神に任命したピギーちゃんについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ピギーちゃんの外箱

箱はいかにもおもちゃという感じ。クリスマス時期に注文したので、届いたときは童心に返ってワクワクしました。

「ピギーちゃん」は、スーザン・P・ビーチャムというアメリカ人女性によって開発されました。スーザンはもともとプライベート・バンカーとして働いていましたが、その仕事を通して、多くの親が子どもに対し、お金についての教育をどのように行えばいいのかわからずにいる、ということに気づきました。スーザンは夫と共にマネー・サビー・ジェネレーションという会社を創業し、子どものマネー教育についての事業を行うことにしました。現在、彼らのカリキュラムはアメリカ国内にとどまらず、世界各地で採用されています。

子どものマネー教育を貯金箱で兼ねるという発想は、女性ならでは&アメリカ人ならではでしょうか。さすがビリオネアを多数輩出するお国です。

ピギーちゃんの中身

ピギーちゃんの取扱説明書と、貯金の目的を明確にするためのステッカーが同封してあります。ステッカーには、サッカーボール、本、自転車などあらかじめ用意してあるイラストもあれば、自分で書き込めるように空白になっているモノもあります。

ピギーちゃんのお顔。目にもシールを貼ることができます。目の色は3色選べます。

ピギーちゃん側面

まるまるしていてかわいらしいフォルムです。

SAVEには自己投資=勉強を連想するように「学者の帽子」

SPENDには「本」

DONATEには「食べ物を恵む手」

INVESTには世界に投資することを連想するように「地球」

のシールを貼りました。

もともと適当なケースに貯金していた小銭たち。

ピギーちゃんに小銭を4つの部屋それぞれに振り分けました。案外容量があるので、満杯になるのに時間がかかりそうです。

よし! これでお金の管理が上手になるのは間違いない。

 ピギーちゃんが教えてくれること

子どものマネー教育のために生まれたピギーちゃんですが、うまくお金を管理できない大人にとっても学ぶところが大いにあります。お金の管理のしかたって、学校で習わないですよね?

私は子どものころに親に「無駄使いせずにお金を貯めなさい」と言われ貯金箱にお小遣いを入れていましたね。でも、それ以上は教わりませんでした。

お金は感謝の印

ナゼお金が大切なのでしょうか?

お金は欲しいものと交換できます。欲しいものを手に入れると私たちはワクワクしたり、嬉しかったりしますね。つまり、喜びを手に入れた感謝の印として私たちはお金を払うのです。

大人は仕事をして給料という形でお金を手に入れます。それは、お客さんや企業が、働いた人に対して「良い仕事をしてくれてありがとう」「すばらしい価値を提供してくれてありがとう」と感謝された結果なのですね。

良い商品を作ったり良いサービスを提供したりして世の中に感謝されてお金をもうけるのが企業。みんなに感謝されるところにお金は集まるのです。

貯める

お金を貯める目的を決めよう

目的を決めずにお金を貯めるのは、ゴールがどこにあるのか知らずにサッカーをするようなもの。旅行に行くため? 素敵なアクセサリーを買うため? まず、お金を何のために貯めるのかを決めてからスタートすることが大切。

銀行にお金を預けてみよう

大人も、「貯金専用口座」を開設しましょう。そして毎月お金を預けましょう。銀行にお金を預けると、お金に「金利」がついてわずかにお金が増えます。目的の金額を達成するまで毎月お金を預けましょう。

銀行からお金を引き出して欲しいものを買う

銀行にお金が貯まって、欲しいものを買えるようになったら、銀行からお金を引き出しましょう。欲しいものが買えるとき、「お金を貯めてよかった♪」と思いますよね!

使う

SPENDの部屋はあまり高額でないモノを買うための、今すぐ使うようのお金を入れておきます。たとえば、お菓子や本などです。

欲しいものリストを作ろう

すぐ使うためのお金といっても、無駄使いしてよいというわけではありません。欲しいものリストを作るのは、上手にお金を使うための第一歩。SPENDのお金を何に使うのかリストアップしましょう。次に、そのリストの品に欲しい順番をつけましょう。

しばらく考えてみる

欲しいものリストに順番をつけて、一番欲しいものが決まったら、すぐに買わないで「本当に欲しいかどうか」をしばらく考えましょう。もしかしたら「別にいらないや」となるかもしれませんね。

値段を比べてみよう

買い物をする前に値段を比較するのもお金を上手に使うために必要ですね。ネットで検索しても良いですし、いくつかのお店で値段を比べて見ましょう。

商品がどうやってできるのか考えてみよう

たとえば、チョコレートはガーナなどの暑い国で栽培したカカオの実を日本に輸入してきて、工場でチョコレートにして、それがさらに配送され、最終的にコンビニやスーパーで私たちが購入するのです。

私たちがチョコレートを買うことで、世界中の人たちの生活を支えて

いるんですね。こう考えると、お金を使うことで私たちはとってもスゴイ貢献をしているのですね!

譲る

譲るとは寄付することです。生活が苦しい人にとって、人にお金を譲るのはありえないことかもしれません。 もちろん、自分の生活が立ち行かなくなるほどまでにお金を譲る必要はありません。

寄付する金額はいくらなのかというより、大切なのは「気持ち」です。困っている人たちのために、ほんの少しだけ譲ってみましょう。

寄付する先がわからなければ人に尋ねてみよう

あなたの友人・知人がどんな寄付をしているのか尋ねてみましょう。あるいは、ネットで検索してみても良いですね。寄付金詐欺もありますから、できるだけ信頼できる団体を見つけましょう。DONATEの部屋にお金が貯まってきたら、寄付をしてみましょう。

人に喜ばれることが嬉しい

寄付するのはお金だけではありません。「行動を寄付」することもできるのです。つまり、どんな小さなことでも良いので「一日一善」。たとえば、電車で席を譲るなど、そんな些細なことで良いのです。人が喜ぶことをして、相手が喜び、あなたも嬉しいと感じるはず。

どんな寄付をしたか書いておこう

どこに寄付をしたか、日記でも手帳でも書いておきましょう。人に喜んでもらえた記録がどんどん貯まっていくのを眺めることも嬉しいことです。

増やす

「貯める」と「増やす」はどう違う?

「貯める」というのは大きな買い物をするときのためにお金を取っておくことです(貯蓄)。一方、「増やす」とはずっと先に欲しいもののためにお金を増やすこと(投資)。

株式投資とは?

会社は一般的に沢山の人がお金を投資して運営しています。この投資をする人が会社のオーナー(株主)です。そのオーナーのしるしが「株式」とか「株」とか呼ばれるもの。

投資をした会社が成長して利益が沢山出れば、株主の利益も大きくなります。一方、会社が損をしてしまうと株主も損をします。これが投資の「リスク」と言われるものです。よって、本当に自分が良いと思う会社を選ばなければなりません。これを「自己責任」といいます。

なぜ投資をするのか?

業績が良い会社に投資をすると、お金がずっと早く、大きく成長するからです。現在の日本は銀行に預けていても低金利。投資すると、銀行の金利よりも大きな利益が出るかもしれません。

積立投資するなら比較的ローリスクでお金を増やすことができますが、10年以上という長い期間で投資を続ける必要があります。

投資したお金は良い社会作りに使われる

貯めるの項目で「お金は感謝の印」と書きましたね。会社が大きく育つには消費者から感謝されないといけません。消費者が世の中のために無くてはならない会社だと思えば、会社は一流になります。私たちがそんな会社の株主になっていれば、私たちのお金も増えますし、私たちが投資したお金がより良い世の中を作るために役立ち、自分の将来のためにお金を増やすことができるのです。

投資にお金を回すために、INVESTの部屋にお金を貯めましょう。

証券口座を開く

株式を買うためには証券会社で口座を開く必要があります。証券会社は沢山あります。会社によって手数料が違いますので、比較検討しましょう。最近はジュニアNISAもありますので、お子さん用の投資口座を開く方もいることでしょう。

ハッピー・マネー・四分法でお金の使い方を身につけましょう

お金を使うのは、今のためだけでなくずっと先の将来まで考えましょう。お金の使い方も、自分のためだけでなく、世のため、ヒトのためも考えましょう。幸せなお金の使い方を身につけることは、幸せな人生を歩むことができることにつながるのです。

あなたも貯金の習慣を身につけませんか? お金の管理の仕方を習得することで、お金の流れが変わりますよ。

▶︎豚の貯金箱をAmazonでチェック

新品価格
¥1,296から
(2016/4/4 10:55時点)

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事

コメントの入力は終了しました。