自分の資産形成ピラミッド考えて計画的に投資しましょう

資産形成のために必要なのは、「貯蓄」と「投資」です。

今すでに「貯蓄」「ゴールド」「セゾン投信」に取り掛かっています。他にも「確定拠出年金」「ミニ株」「米国株」などといろんな投資先を考えています。挙げただけでもお金をやる先が6つに分岐しましたね。

そしてこれらは全てメリット・デメリットが異なります。どこにどんなタイミングでどれだえのお金を分けていくか、堅実な方法で行かねばなりません。

私はひとまず、ディマティーニ氏の推奨するピラミッドのように段階的に堅実な投資の仕方を参考に資産形成をしようと思います。彼の指す金融商品は米国株を基準にしていると思うので、現時点で自分できそうな投資先にアレンジしてみました。

ざっくり言うと、

貯蓄→ローリスクロリターンの投資→ミドルリスクミドルリターンの投資→ハイリスクハイリターンの投資

とステップアップしていきます。

スポンサーリンク

自分の資産形成スケジュール

私の手取り月収は平均20万円なので、2ヶ月分の給料=40万円を目安にします。足元を固めていきつつ投資する資産形ピラミッドを、現時点での構想を練ってみました。

1段目:貯蓄口座に40万円

現在、現金による貯蓄額は20万円です。積立投資を2016年3月からスタートするので、同時平行で1段目と2段目に振り分け、残り20万円を貯めたら2段目以上の投資に全力で行きます。

2段目:積立投信で40万円

私の脳みそで考えると、ローリスクローリターンの投資といえば、積立投資でしょうか? 手堅い投資だろうと判断して、セゾン投信を選びました。将来的には年利が10%もあり得ないことではないそうですが、それには30年必要な長旅です。

セゾンが用意しているファンド2つに申し込みしたので、積立投資は同額ずつする予定です。まず、40万円までは積立額を増額して目標金額を達成することに邁進したいと思います。

この積立額が40万円になったら、いったん最低積立額に落とす予定。

3段目:ミニ株で40万円

ミドルリスクミドルリターンといえるかは大型株、中型株、小型株など変わるでしょうが、自分で投資先を選ぶ日本株の投資をしてみたいと思っています。

3段目の投資を40万円という予算で株をやるなら、ミニ株が妥当かと思います。1口数千円から帰る場合もあります。

4段目:米国株で40万円

米国の安定していると思われる大型株を買いたいと思います。コカコーラ、P & G、ジョンソンアンドジョンソンといったわかりすい安定企業から始めてみたいと思います。

段階的に足下を固めていこう

この資産形成ピラミッド完成させるのに160万円必要です。今の収入のままだと、精一杯貯蓄をするとも年間80万円くらい貯められるはずなので、理想的に行くと2年で完成するんですね。

うーん、先は長いですね。20万円ずつピラミッドの段つくっていくなら1年くらいで資産形成ピラミッドを一周できます。金額をいくらにするか、ピラミッドが4段になるか、5段になるか、投資商品を何にするかアレンジは人それぞれ。ピラミッドが完成したら、1段目に戻り、また積み上げていきます。

私としては、いろんな投資先にちょこちょこ投資してみたいです。自然と分散投資になりますね。それなら、積立投信だけでもいいかもしれません(笑)。どんなところへ投資するにせよ、資産形成ピラミッドを作る上で守るべきルールは、貯蓄を守ること。投資にお金を突っ込みすぎないようにするのがビギナーは守るべきですね。

投資にはリスクが伴いますが、ビギナーにとって貯蓄がない投資は余計にハイリスクです。リスクを下げるために、足元を確実に固めていきましょう。

いかがでしたか?

いろんなところに投資してみたいと思いますが、基礎を固めずに投資をしないように心がけたいと思います。

3段目に当てたミニ株も、1巡目は大型株、二巡目は小型株、三巡目、としたり、3段目が大型株、4段目が中型株、5段目が小型株、としても良いかもしれませんね。

投資が初めての方はディマティーニ氏の書籍を参考にして、ご自身に最適な投資先を決めて下さい。


>>>お金を「引き寄せる」最高の法則をチェックする<<<

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事