高収入なのに貯蓄ができない年収1000万円貧乏とは

年収1000万円。

庶民化からするとあこがれる響きじゃありませんか?

年収1000万円あれば、きっと贅沢もできて貯金も沢山できて、余裕の在る暮らしができるのではないか…。

私はそう想像しています。

スポンサーリンク

実際は年収1000万円でも貧乏というケースも

年収1000万円だと、扶養家族や控除により人それぞれですが、ざっと手取り年収は800万円、月収66万円です(ボーナスは除外して計算)。

家賃なり住宅ローンなり月々16万円を払っているとして、月50万円が使えます。2人暮らしなら贅沢もできて30万円は余裕だろう。子どもが2人いる4人家族なら、教育費もかかるだろうし、40万円くらいかかるかな?

おそらく、月々10~20万円の貯蓄。つまり年間で120~240万円は貯蓄できるのかぁ。

実際のダメ家計簿

PRESIDENT+に実際のダメ家計簿が紹介されています。

年収万円/手取り万円の例

家族構成

夫()、妻()、長(1歳)、長(歳)

月収(手取り)円

夫のみの収入

ボーナス

夏=万円/冬=万円

貯蓄額

万円

家計簿項目 金額(単位:円)
住居費
食費
水道光熱費 33,000
通信費 24,000
生命保険料 37,000
自動車関連
生活日用品 11,000
医療費 5000
教育費 36,000
交通費
被服費 15,000
交際費 3,000
娯楽費 58,000
小遣い 50,000
嗜好品
その他支出 38,000
支出合計 689,000
毎月の差額 -119,000

年収万円/手取り万円の例

家族構成

夫()、妻()

月収(手取り)円

夫の収入のみ

ボーナス

夏=万円/冬=万円

貯蓄額

万円

家計簿項目 金額(単位:円)
住居費
食費
水道光熱費 33,000
通信費
生命保険料
自動車関連
生活日用品
医療費
教育費 36,000
交通費
被服費 15,000
交際費 3,000
娯楽費 58,000
小遣い 50,000
嗜好品 25,000
その他支出 38,000
支出合計 689,000
毎月の差額 -119,000

年収1100万円/手取り864万円の例

家族構成

夫(49歳、輸入車販売会社勤務)、妻(42歳、パート)、長女(13歳)、長男(6歳)

月収(手取り)570,000円

夫50.1万円、妻6.9万円

ボーナス

夏=90万円/冬=90万円

貯蓄額

460万円

家計簿項目 金額(単位:円)
住居費(持ち家) 90,000
食費 106,000
水道光熱費 33,000
通信費 24,000
生命保険料 37,000
自動車関連 158,000
生活日用品 11,000
医療費 5000
教育費 36,000
交通費
被服費 15,000
交際費 3,000
娯楽費 58,000
小遣い 50,000
嗜好品 25,000
その他支出 38,000
支出合計 689,000
毎月の差額 -119,000

庫の家計簿がすごいのは、ご主人だけの支出(赤文字)。車のための自動車関連、娯楽費、嗜好品もかかりつつ、小遣いは別枠で、月に291,000円かかっている。車とオーディオが娯楽だと家計簿がしねるという好例。

光熱費は、LED証明、節水シャワーに交換して抑制できている

こんな想像をしますね。自動車の保有率が高いでしょうから、これで月々数万円はかかりますね。

高収入でもお金が貯められないヒトに共通するダメ癖とは

この3つの例ではおもにご主人が稼いでいますが、たとえば夫婦二人で世帯年収が2,000万円あったとしても、貯蓄が200万円というケースもあるのです。たとえば、

  • 自動車は車検ごとに買い換える
  • 年に3回以上 海外旅行をする
  • 週に何回も外食をする
  • 稼ぎが良いので、お金は貯めようと思えばいつでも貯められる
  • 夫婦それぞれ自分の収入は自分で管理しているので、相手の貯蓄額は知らない。

こういう考え方をすると、いくらお金を稼いでも、ぜーんぜんお金が貯まらないんですね。

「稼ぎが良いので金を貯めようと思えばいつでも貯められる」という慢心があるせいで、油断して後先考えずにお金を生活レベルを落とすことを考えません。思わぬ怪我や病気で収入が途絶えたり減少したりするかもしれません。保険に加入していても、満足する金額を守られないかもしれません。定年近くなれば、給料が落ちることだってあります。

「相手の貯蓄額を知らない」と、「自分は」相手は貯蓄しているに違いない」という勝手な想像をして、夫婦揃って貯蓄ゼロということもありうるのです。

お金をどんどん使っているのに、贅沢している感覚がマヒしていて、支出を見直すことをやらず、どうにもならなくなってプロに家計の見直しを依頼するように、「稼ぐ能力」と「お金を管理する能力」とはまったくの別物なんですね。

年収1000万円前後が一番破産しやすいって言うのはあるよね。そういう人達は、何を勘違いしたのか4~5000万円のマンション・住宅買って、400万円ぐらいする高級車買って、更に並以上の私生活送って子供2~3人作るのだから破産しないわけがないよね。

— たか@BOT以下の存在 (@ta_ka159x99) 2017年8月21日

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事