タワマンでシースーを食べながら投資の話を聞く

不動産投資(発展途上国の土地)について、参加者が紹介者限定のお話会に参加。

将来を予測するのは困難。

損することはないだろうという前提投資しか手を出さないという堅実なスタイル。
日本で不動産投資をする場合、与信枠がありますが、海外不動産投資は現金のみで取り扱い。

現金を作るには、ともかく貯金という堅実なことができることが大事です。

株は損するかもしれないから教えられない、とのことでした。

やるなら、損しても構わないお金を投資すること。

さらに余裕がえるなら仮想通貨もまあいいんじゃないかなー、みたいな扱いでした。

仮想通貨は、コインチェックの資金流出問題で大変なことになりましたな(´-`)

ネットには出てこないお話。
西暦2100年まで世界人口は増え続けるという前提に立てば、ドルコスト平均法でインデックスファンドの積立投資を行い続けるのも堅実な投資方ですね。

お金の参考資料としてジンバブエの百兆円札と1キロのゴールドとアンティークコイン

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事