幸せはお金で買える!本当にお金をかけるべきは○○

なんともダイレクト。

「幸せはお金で買える」という研究があるので紹介します。

 
お金で幸せは買えないと言われますけど、研究者らによると、「何にお金を使うかで幸福度が変わる」のだとか。

スポンサーリンク

研究によると・・・

結論

掃除や料理などの家事を誰かに代わりにやってもらうなど、自由な時間を得るためにお金を使った場合は、幸福感が高まるという。

一方、モノを得るためにお金を使った場合は、幸福感はほとんど上昇しない。

詳細

ハーバード・ビジネススクール(Harvard Business School)のアシュリー・ウィランズ(Ashley Whillans)助教率いる研究チームは、米国、デンマーク、カナダ、オランダの成人6000人以上を調査。

自由な時間を得るために毎月いくら使っているか、人生の満足度、時間のストレスについて質問した。

その結果、時間の節約のためにお金を多く使っている人は、人生の満足度が23%高かった。時間を買うお金をあまり持っていない人では15%に下がったが、収入格差を考慮しても効果は認められた。

収入の額に関わらず、同様の効果が見られたそうですが・・・

時間を節約するためにお金を使うことで幸福度が高まるという結果が出ているものの、そういうところにお金を使う人が非常に少ないそうです。

 

富裕層850人の調査では、半分近くが嫌いな仕事を外注するためにお金を全く使っていなかった。

また、働く成人98人に、予定外の収入が30ポンド(約4400円)入ってきたら何に使うかと聞いたら、時間の節約のために使うと答えたのはわずか2%だった。

「時間を買えば、毎日の時間のプレッシャーが緩和されるのに、ほとんどの人がたとえお金に余裕があっても、そうしていない」と、ダン教授は言う。

「人々は楽しい経験をするためにお金を使って幸福を得ているとの研究はたくさんある。だが私たちの研究は、不快な経験を避けるためにお金を使うことも考えるべきだと示唆した」

つまり、快・楽を得るためにお金を使うことだけでなく、嫌なことを避けるためにお金を使う、という発想も大事ですよね。

まあ、調査みたいに、臨時収入の額が4400円だと「美味しいものでも食べに行こうかな・・・」と思ってしまいそうです。

私は現在の仕事は、労働時間が短いので、自由な時間があるぶん、収入が少なくなりますが、「自由な時間を得るためにお金を払っている」と考えることができます。

時間もお金も両方手に入れるための行動をとっていますが、2017年の時点では、時間を沢山取れることを優先しています。

*といっても、副業で収入の底上げをしますが。

あなたは何にお金をかけますか?

この研究から、専業主婦の方でも、自信を持って!家事のアウトソージングをしてみるといいでしょうね。

都心部でいうなら、電車移動もいいけど、タクシーで移動した方が、より早く移動できるなら、そこにお金をかけると満足度が高まるかもしれません。

モノだけでなく、不快なことを避ける、または、快適さを追求することにおかねをつかってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事