【ワンタップバイ】米国株が千円から手軽に買える!口座開設はスマホから簡単

2017年8月からテレビでCMが流れて一気に認知度が高まったスマートフォン専門で商品が購入できる証券会社ワンタップバイ。

この記事では、ワンタップバイでの口座開設画面の紹介と、入金システムについて紹介するよ。

スポンサーリンク

口座開設画面


申し込み完了後

ログインPWが郵送される。

申し込みが殺到して口座開設に3週間ほどかかるとのことだったが、落ち着いてきているのか、1週間ほどで書類が届いた。



アプリは米国株版をDL

アプリで手軽に銘柄の状況が見られて、購入もさくっといく。

日本円をいちいちドルに換金しなくてよいのがラクです。

CEOの顔をなぜ表示したwww

企業ができた歴史について漫画でわかりやすく開設してくれるとか、新しいwww

入金の仕方

千円から買付をしたい場合

ワンタップバイの口座に直接振り込まないといけません。
・新生銀行
・住信SBIネット銀行
・大和ネクスト銀行(大和証券口座が必要)

のように、他行宛の振込みに手数料がかからない銀行を使いたいですね。

1万円から買付できる場合

みずほ銀行に口座を持っていたら1万円~買い付けが可能。

どの証券会社でも、株式を注文するためには、ユーザーは指定の証券口座に入金する必要がある。

けれど、

  • ATMや銀行に行って、預金口座から証券口座に送金する時間がない/めんどう
  • 証券口座に送金しても、着金が反映されるまでには時間がかかる。

金曜日の夜に送金して、週明けまで着金が反映されないのでは、株を買いたい!と思ったパッションのままに買い付けが出来ないジレンマ!

そんな送金作業を簡略化するため、みずほ銀行が提供する「アドバンストデビット」機能とワンタップバイが連携し、「銀行においたまま買付」サービスを提供しています。

銀行口座からワンタップバイの口座に資金を移さずに株の買い付けができます。

One Tap BUYで株式を購入する時に「入金連携」でみずほ銀行の口座を指定すると、One Tap BUYのシステムが預金残高を確認し、買付金額以上の金額が入っていれば、買付を行う仕組みなんですね。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事