たわらノーロード先進国株式を売却し、iFree S&P500インデックスを積立開始することに

S&P500は、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数(インデックス)の一つ。

投資の神様、ウォーレン・バフェット氏が妻にすすめたから、そりゃあもう注目ですよね。

先進国株式ファンドだと、60%が米国に投資して、それ以外が先進国に投資する配分になっていたりしますが、純粋にS&P500のインデックスファンドに投資したい!

という思いがありました。

過去ずっと右肩上がりで成長している米株式市場に気軽に投資ができる株価指数です。

最近はほったらかし投資しすぎて、インデックスファンドのチェックがおろそかになって情報収集が遅れましたが、2017年8月にS&P500指数(円ベース)と連動する動きを目指す米国 株式インデックスファンド

SBI証券の確定拠出年金もiFreeのバランス型の投資商品が入ってきているので、リバランスしよう!

iFree S&P500インデックスの情報

管理運営費(信託報酬)が0.243%とリーズナブル。

確定拠出年金の中でもEXE-i先進国株式ファンドとDCニッセイ外国株式を積み立てていたので、たわらノーロード先進国株式を削ることにしました。

売買の指定直後なので、まだ画面には反映されていません。

今まさに、北朝鮮問題でがたがた言ってるので、経済リスクを伴いますが・・・

話かわって、こういうときはレイセオン(RTN)の株を買いたくなりますが、資金が(以下略)

レイセオンは日本の防衛ミサイルにも関与しています。

このままグダグダがもつれたら、トマホークミサイルやパトリオットミサイルとか発射しそうですね。

何はともあれ、平和が一番。

マネックス証券で口座開設! 記入方法とマイナンバー導入以降の必要書類を紹介
投資の第一歩、マネックス証券で口座開設手続きをしました。 マネックス証券へ返送すべき書類は、以下の3つです。 口座開...

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事