誰でも確実に貯金できる唯一の方法

貯金をしたいと思っているのになかなか貯まらない。そんな悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。

今回はその誰でも確実にできる貯金の方法を紹介します。

スポンサーリンク

先取り貯蓄をする

先取り貯蓄とは「お給料をもらったら、先に貯蓄文を引き、残りのお金で生活をする」方法です。

これは資産形成をしていく上で、どんな人にも共通する押さえておくべき貯蓄の基本。会社給与から天引きして貯蓄してくれる財形貯蓄という制度があれば、是非利用しましょう。

これができてきないと、家賃、洋服、食費、飲み代…といった風に、先に生活費やいろんな消費・浪費の挙句に「余った金額を貯蓄」では、いくら収入があっても、お金があるだけ綺麗に使い切ってしまうのです。

私は以前は貯金が全くできない時代がありましたが、先取り貯蓄を実践し始めてから、手取り収入は20万円ほど(ボーナスはほんのり)で月により多少変動しますが、1年で80万円の貯金ができるようになりました

私も先取り貯蓄で貯金できた

働き始めて収入が月に15万円位と随分と少ない時期があり、これは生活費としてギリギリだった時代がありました。そのときはなかなかか貯蓄ができませんでしたが収入が上がってきて2014年からから急に貯蓄できるようになりました。

それは繰り返しますが「先取り貯蓄」で月収から貯金できる分を先に貯金口座に分けことが大きかった。振り返るとそう思います。

butachokinbako

先取り貯蓄は、1000円でも、500円でもいいから実行する

決して「収入が上がりさえすれば貯金できる」のではありません。消費・消費・消費…最後に「あまった金額を貯蓄」ではいつまで経っても貯蓄できないのです。

実際、過去最高という水準に給与が上がった同僚は、もらった分だけ使い切り、ぜーんぜん貯蓄できていないのです。

これは「法則」なのです。この法則から逃れるためには「先取り貯蓄」しかありません。私もこの「先取り貯蓄」という仕組みがなければいつまで経っても貯蓄できなかったと思います。

たとえ収入が少なかったとしても、貯蓄用の口座へ月々500円でも先取り貯蓄する習慣を身につけいればよかった。過去の自分を振り返るとそう思うのです。

お金持ちになるにはまず貯蓄することから

最後に「あまった金額を貯蓄」している方にオススメの本を紹介します。

書籍『ミリオネア・マインド』では先取り貯蓄は月に1ドルからでもOKと書いてあります。たったの1ドルを貯めていくとしても、これがお金を引き寄せる磁石になるのです

>>>『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」』をチェックする<<<

この書籍には、「お金を引き寄せる磁石」の作り方をはじめとして、資産形成をしていくうえ必要な「考え方」や、「具体的行動指標」を知りたい方にはうってつけです。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事