「非効率な節約」をしてしまう心理とは?


Twitterで、リツイートで見つけたもの。

チラシ等を見比べて安いスーパーを探してきて10円でも買い求める節約の仕方ってあるよね。

私はこれ自分でもやったことがあるんだけどとても効率が悪くて2回で辞めた。

「割に合わない」を判断するため自分の時給を把握しよう
節約のために近所のスーパーをはしごしてみる というのをやったことがありますが、2回やって馬鹿らしくなって辞めました。 私の住まい...

リプライは50件以上あって、意見が多く出た。

そのことについて気になったツイートをまとめて私のコメントを添えた。

スポンサーリンク

なぜ非効率的な節約をしてしまうのか?

効率が良い節約の王道は「固定費の削減」だ。

格安スマホを使い始めるように、一度プランを変更するとそれ以降、労力を掛けずにずっと出費を抑えられるものがある。

時給換算して、1時間当たり1000円以上の節約になるとか考えてみるものだね。

それでも、手間がかかったり、1時間当たり数十円から数百円程度の節約をくりかえすのか?

節約が好き・趣味・快感

楽しいから節約をするんだよね。

ただ、お金を稼ぐことに快感を覚えている人からすると、得られる金額が二桁、三桁程度だとつまらないか知れない。

私は働いているので1時間時間がたらそこでお金を稼ぐいいじゃないかと思う派。

世の中にはお金に対して「稼ぐのが得意なヒト、節約が得意なヒト、使うのが得意なヒト、貯金が得意なヒト、運用が得意なヒト」と様々だ。

もし、旦那さんがバリバリ稼いでくれて奥さんが節約が得意だったらその家庭はどんどんお金が溜まっていくだろう。

効率化を追求するなら自炊自体が非効率

買い物の時間効率を高めたいんだったら、スーパーと自宅を往復する時間が惜しいのでネットで注文して、食材が配達される間に何かをしているといいですね。


手作りって、メニューを考える、買い物、調理、片付けの時間を考えると、外食にした方が効率が良いよね!

というか、食事の回数自体を1日三食から1~2食に減らすとさらに時間効率がアップします。

スーパーのハシゴは時間がある人の手段

まあ、時間があるなら稼いでもいいと思いますが。

私は1時間あたりで数十円から数百円の節約をするくらいなら、お菓子みたいな無駄な買い物を止めた方が大きな節約になると思います。

節約も大事だがコミュニケーションも大事

節約でも稼ぐでも、夫婦間の言葉の掛け方も大事。

とくにいい仕事をするためには、パートナーや家族仲がよいことが大事。

そこでケンカしてたりしてメンタルのエネルギー漏れを起こしていたら非効率だよね。


ばかばかしいととらえるのか?

ありがたいととらえるのか?


炎天下で並ぶ君の体が心配なんだ!


医療費がかかったら余計な出費だろ!とか怒られたら嫌だね。

私だったら炎天下で並びたくないです。

が、

奥さんの体調を気遣う一言を加える。

どんな言葉を掛けられたら奥さんがどんな気持ちになるか?

というところまで考えず、ズバッとそのまま、率直に思ったことを伝えています。

男性的ですね。

非合理な節約をする人の説得は難しいことを知った

節約が空きなのだと説明されても、理解できない

とばっさり切り捨てている。

理解の程度と愛情の程度は関係がないが、そのうちに離婚に至るかもしれないな、と勝手に妄想

節約する必要がないほど稼げばいいじゃない派

豊かな生活をしているのに節約するんだったら、やっぱり節約が好きなんだよね。

好き嫌いと合理性は別

男女の性差がでました。

発想の転換

買い物は運動だと考えればいい。

ジム代がういている側面もある。

買い物以外の非効率な節約

宿泊代

ATM手数料

ガソリン代

完全に効率化を図るなら、お金を生み出さないツイートは無駄である

お金にならなくても、非効率でも、楽しいからツイートするんだよね

お金がないから(稼がないから)節約と言う守りの手段に出るのかなと思いきや

お金があるから節約できる

お金がないから節約するの逆ですね。

お金があれば、一括払いで割引が出来るけど、分割払いや都度払いだと割高になる、ということがあります。

節約するとなぜか損する法則

お金を稼ぐことではなくて、お金を節約することに時間も思考も費やしていたら、最終的に稼げない。

「安いから」で買ってしまうと心が満足せず、また何かを買ってしまう。

ポイントを貯めるために不要なモノを買ってしまう。

とか、あるよね。

お金の価値観ってひとそれぞれ

リプライをみて、それぞれの意見で面白いと思うものをまとめたました。

あなたは節約しますか?

それとも稼ぐ効率を高めますか?

どっちもできたら鬼に金棒ですけどね。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事