「つみたて投資」は終わりで大きく儲ける

低金利の時代。

ただ単に銀行口座に預金していても、たいして増えませんね。

これからは「お金を増やす」ために「お金に働いてもらう」必要があります。

それには、手始めにローリスクローリターンのつみたて投資によって始めましょう。

株式など、まとまった金額がないと始めらない投資もありますが積立なら商品により1000円から始められる。

スポンサーリンク

積立投信は商品を選びましょう

株をやっている人に「投資を始めようと思う」という話をしたら、一番最初に「投資信託はやめておけ」といわれましたが(笑)

「投資信託は負けるようにできているから」とのこと。

証券会社で働いている人のノルマ達成のために、売れない株式を買わされたりとかするとかなんとか、そんなウワサも聞きますが…

  • 手数料はローコストなものを選ぶ
  • インデックスファンドを選ぶ

などと商品を選べばいいですが、どんどん新しい商品が出てきます。

老後のための「自分年金作り」なら長期のつみたて

短期的に見れば、どんなモノでも価格の変動がある。

つみたて投信で重要なのは、価格×購入量。

投資モノの価格が下落したときはたくさん買って、上昇たとき少なく買って、というのが基本で、10年、20年、30年…というスパンで続けると、終盤で大きく儲かるよ、ということについて本書で書かれている。

価格が下落しても、20年単位で見ると最後は儲けが出てくる仕組みについて詳しく説明している。

序盤の赤字に一喜一憂せず、年単位でほったらかしにしておくのがちょうど良いらしい。

始めるなら「今」でしょ!

長期的視野で見るなら、どんな価格で買おうとも、数百回と購入していくなかのほんの1回にすぎないので、買うと決めたときが買い時である。

長期的に見ると価格が上がるものは?

世界株式に分散投資すべきだそうだ。

経済発展に必要な要素にまず「人口」がある。世界の人口は2012年で70億人、2062年には100億人に達すると予想され、とくに人口増が著しいのは新興国。

もう一つの要素は「生産性」。

ロボット、パソコン、スマートフォンetc、かつて存在しなかった便利なものがどんどん生み出されている。

世界はどんどん発展していくはずなのだ。

つみたて投信を始められるのは世界的繁栄が信じられるかどうか今後の世界の発展を信じて、小さな金額からコツコツと始めてみるには、どこにしましょうか?

セゾン投信のパフォーマンス(2017年8月時点)

私は、セゾン投信をしてますので、一応現時点でのパフォーマンスを貼っておきます。

本当にいいかどうかはご自身で検討してくださいね。

株式100%のセゾン資産形成の達人ファンド

債権50:株式50というバランスで海外に投資するセゾン・バンガード・グローバルファンド

ここ最近はじわじわ評価額が下落していますが、まだプラスになっています。

セゾン投信のウリは、30年レベルで長期投資するよ!というシンプルさ。

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/8/25 17:02時点)

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事