私は「お金がある」こと好きなのである

ここ数ヶ月、勤労意欲がめっきりと減ってしまった。

なんのために働くのだろう?

働く意義を見失い、考えていた。

で、まず考えるべきは

お金を稼いだら何に使うのか?」というもの

スポンサーリンク

お金を稼ぐにはお金の出口を考える

ありがちなのは「いつまでに、いくらお金が必要なのか」を明確にすること。
明確にすることで、目標達成に向けて行動するよね、というもの・

でも、物欲が乏しいというか、これが欲しい〜

というのが強くないので、

自分1人、質素な暮らしをしていれば十分じゃないか

という考えだ。

通常

雇われて働くからには「歩合給」という自分自身が働かなければ賃金を獲得できないしすてむではたらくことになる。

たくさんのお金を求めてヘトヘトになるまで働いては、心も体もすりへって、生きる喜びを見失ってしまうかもしれない。

で、結局は、私はお金を何に使いたいのか?」を数ヶ月考えに考え抜いて、綺麗な服を買ってみたり、遊んでみたり、高級料理を食べに行ってみたり、ときにはブランドもののバッグを手にしてみたりできる限りお金を使ってみた。

けど、なんかそれじゃないんだ。

お金があるのが好き

で、結論としては、「私はお金が好き」なのである。

お金が好きだから「お金があるのが好き」

だから「お金が増えるのが好き」なのである。
例えばバッグ好きの女性が次から次に何個もバッグを買っていくようにお金が増えるのが好きなのである。

マネーフォワードで資金管理してるけど、そこの数字が増えていくのが地味楽しい。

好きな食べ物を食べたり、綺麗な格好をしたり、身だしなみを整えたり

験にお金を払ったりんなことも積極的にしていきたい

その上で、貯金が増えた方が良い。

知人男性に、30代で貯金ゼロという人が居て(一般サラリーマンを経験して、ボーナスもあるのに)お金を使うのが好きなひとは、綺麗に使いたおしててすっからかんなのだ。

それでヘラヘラして入られたら最強かもしれないけど

心の安定剤としてお金があるとい。

ちょっと引き寄せの法則の話になるけど
フォーカスすると増大するとか

今すぐ望ましい上記隊になるとかあるけど、
お金が欲しいひとはお金があるときに感じるであろう「安心感」を感じる!とかあるけど

リアルな話、イメージで終わらせないでさっさと貯金しリアルに安心したらいい。

で、私が好きな貯金(お金が増えるのが可能性がある投資も好きだよね)をするtまめに、はたらいたら、お金がもらえるから、強烈な動機になるのだよ
私はお金が欲しい!
そのために売上をつくることは話の好きなことなのである。
シンプルに、明確に、していこう

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事