お金の引き寄せの「先に出す」はやっぱり「先に出す」だと思った件

お金の引き寄せで「先に出すから入る」っていう言葉があるよね。

コレってどういうことだろうか?

というのを自分の体験と解釈について書いていくよ。

スポンサーリンク

仮に、自分が3万円のサービスを提供して稼ぎたいとする

この3万円という価格は、安いだろうか? 高いだろうか?

そんなのは、正直決められないよね。

もしアナタが、他のなにかのサービスを見て、

あなた
3万円!? 高っ! このサービスにお金を払ってくれるヒトってほんとにいるの?

と思っているなら、自分も同じ値段をつけることができない。

でも、先に3万円のサービスを受けてみる。

できれば、他のお客さんが同席するようなサービスがいいよね(セミナーとか)。

で、3万円のサービスを受けてみて、

あなた
えっ、3万円のサービスを受ける人たちが私以外にもこんなに沢山いるのか!

と気づく。

そしてサービスの内容とかクオリティとか他人からの評価とかおいといて、とにかく「アナタが本当にやりたい!楽しそう!!好き!!!と思えるサービス」に3万円払うと、

あなた
3万円払ってよかった! 満足♪

と感じるはずだ。そうなると、

あなた
自分が提供しているサービスに、3万円を喜んで払うヒトが集まる可能性があるよね!

という思考に自然となるはずだ。

気持ちよくお金を出せるから、気持ちよく受け取ることができる。

自分の具体的体験

前々から、自分の提供するサービスに2~3万円の値段をつけたいなと思いつつ、高いんじゃないかな、ヒトが集まらないんじゃないかな、ともやもやしていた。

その当時の自分は、服にせよ、美容室にせよ、セミナーにせよ、5000円~1万円少々が日ごろ使いがちなサービス料金だった。いわゆる「お財布と相談」してた値段

今夏から、1ランク引き上げて、2万円とか3万円とかいった値段のイベント、セミナー、服飾品にお金を使い始めたんだけど、「素敵、面白そう、やってみたい♪」といった直感的に思ったことに使ったら「お金を払って良かった~♪」とめちゃくちゃ満足したね。

そういう消費者側の気持ちを自分がまず体感する=先に出すと、自然と「自分も2万円とか3万円とか、そういうお金を貰ってもいいよね」と思えた要因のひとつなんじゃないかなー。

ほかにもマインドを変えたことがあるけど、「お金の引き寄せ」の考え方が一個理解できた気がするよ。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事