マネーフォワードを使えば資産管理がラクになる

資産形成の第一歩。

それは資産管理!

この管理すべき「資産」とは、身近な例でも 現金、銀行口座、投資口座、電子マネーetc. と別れてしまう。こうなると「総資産」を把握するのが面倒ではなりませんか?

私も、現金以外に、

  • 銀行口座 複数
  • 電子マネー 複数 
  • 証券会社 複数

とたくさんあります。

銀行口座だけでも、家賃用口座、給与振込み用口座、光熱費などの引き落とし口座、クレジットカード用口座、貯蓄用口座 etc…と増殖しまくってます。各口座にお金がばらけているので、もはや総資産がどれくらいなのか、なんとなくでしか把握していませんでした。

が、マネーフォワードに登録してびっくり! 各口座の残高把握が簡単にできたのです。

今回は、実際にマネーフォワードを使って、良かった点を紹介します。

マネーフォワードを使って良かったこと

マネーフォワードを使って良かったことは、

  • 「総資産」を把握しやすい
  • クレジットカードを登録すると自動で家計簿を作る
  • クレジットカード登録口座が残高不足だと教えてくれる
  • 月々の予算と実際の出費の比較がしやすい

「総資産」を把握しやすい

銀行を登録すると「総資産」が表示されるので、カードを登録すると自動で家計簿をつけてくれる。

暗証番号とか登録するとき、不安になりましたが、セキュリティはしっかりしているそうです。マネーフォワードから情報流出したら、大変なことになりますね。

クレジットカードを登録すると自動で家計簿を作る

家計簿もつけられるし、クレジットカード口座は一つしかないので、そこを見ればすべての支出がわかりますが、本の購入でAmazonをよく利用するので、登録すればどんな本を買ったのか一目です。
クレジットカードも、勝手に食料品、衣服、書籍など分類してくれる。

クレジットカードを使用した店舗の業種から、自動的に項目別に分類してくれるので、家計簿が自動的に付けられます。

なんだこれー!

便利すぎて全部クレジットカード払いにしたくなります。細かいところが未登録になったりしますが、一部修正するだけで済むのでラクです!

クレジットカード登録口座が残高不足だと教えてくれる

クレジットカードと引き起こし口座を登録しておくと、残高不足の場合はお知らせしてくれるので、うっかり残高不足で支払い滞納…なんてリスクも無くなります。

月々の予算と実際の出費の比較がしやすい

月々の支出の予算を立てて、支出しすぎていないかを一目で把握できます。予算OVERの項目には炎のマークが付いています。家計が火の車ですか、そうですか。

スポンサーリンク

マネーフォワードであなたも資産管理が上手になる!?

収入が今よりもっとあれば貯蓄できるのに…。そう思ってたらいつまでたっても貯蓄できません。

今あるお金の流れをきちんと把握して「資産管理」することが「資産形成」の小さな一歩!

資産形成をしたいとお考えの方はマネーフォワードを使ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事