モデル写真の修正をやめ下着の売上up!アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(AEO)の株価を分析

日本でも店舗展開をしているアパレルブランドのアメリカン・イーグルの下着ブランド「エアリー」の売上が上がっているという記事を見つけ、気になったのその株価について調べてみました。

株の世界はまだまだ男性優位ですが、女性向けの下着メーカーだと女性の方がイメージしやすいですよね。私は今月、米国株デビューをしたばかり。ビギナーなりに企業の今後を予想して、買いたいかどうか考えてみます

スポンサーリンク

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(AEO)とはどんな会社?

1993年設立、ジーンズ、Tシャツ、パンツ、スカート、コート、水着、フットウエアといってカジュアル衣類のほか、バッグ、宝飾品類などのアクセサリー類を製造・販売している企業です。

「アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ」と「エアリー」のブランド名で販売しており、北米、香港、中国で1,066店舗を展開するほか、81カ国でオンラインで販売中。

私はアメリカン・イーグルの店舗に行ったこともあるので、どんな企業かイメージがつきやすいです。ショーウィンドウに飾られている服は白を基調としたものが多いでしょうか。小麦色に日焼けした元気な白人女性が来ていると似合いそうなイメージです。

下着は買ったことがないですが、個人的には可愛いと思います。

AEOの下着ブランドとして2006年にスタートしたのがaerie(エアリー)

エアリーは18〜25歳の女性を対象にしている下着メーカーで、

2014年、「エアリー」はモデルの写真修正の中止を決定。「#aeriereal(エアリー・リアル)」というキャンペーンを開始し、“大柄” だとされるモデルを積極的に起用したり、ほくろやタトゥー、傷跡などの修正を一切止めたというのだ。そう、人間の “リアル” な姿を守ることにしたのである。

▶︎記事はこちら

すると…

2014年に素晴らしいと話題になったエアリーのキャンペーンだが、ビジネスとしても成功したことで、今再び注目が集まっている。なんでもキャンペーンが始動してから売り上げは増加。前年比で20%の収益増加を見せ、アメリカン・イーグルの増加率をしのいだようだ。

またこの度、米摂食障害団体が行ったイベントに、初めてオフィシャルスポンサーとしてエアリーが参加したこともニュースとして報じられている。

そんなに人気なの?

▶︎エアリーのインスタグラムはこちら

私はAEOの服のカジュアルな感じがあまり好みではないですが、下着は可愛いと思っています。

参考指標(5/26 11:00時点)

 時価総額 2,777,089千ドル
 発行済株式数 180,800,037株
PER(実績) (連) 13.71倍
PBR(実績) (連) 2.63倍
EPS(実績) (連) 1.12
BPS(実績) (連) 5.84
 セクター Consumer Discretionary
 配当利回り 3.21%

配当利回りが3%超なのに目がいってしまいます。

チャート

1993年からの最長チャート

2007年の1/19に最高値34.02を出してますが、今は下がっています。長期的に見ると緩やかに右肩上がり。

1年のチャート

横ばいというか緩やかに下がってますね。そのうち切り替えして上昇していくでしょうか。

AEOの過去の売上高

売上は維持していますが、どんどん伸びてるわけではありません。

※単位は米ドル。

AEOのEPS(一株あたりの利益)

ガタガタ。良くもなく、悪くもなく。

AEOのBPS(一株あたりの純資産)

じわっと減ってる。

この辺りは企業が何かをしているのかとか情報を探し出せていないのですが、下がってるなー(´・_・`)と思いますね。

現時点では微妙か

過去5年の数字を見ると、今後大きく成長していきそうな感じがなくて、個人的にはすぐに買いたいとは思えません。

とはいえ、過度な美の追求から生じるアメリカの健康問題にも取り組み「ありのままの美しさ」というメッセージを発信していのるエアリーの立場には共感します(肥満すぎると健康問題がありますが)。消費者の「なりたい理想の姿」を体現するモデルさんには需要がありますが、消費者はそんな体型ではないですからね。

エアリーだけでなくアメリカン・イーグル自体がどいうメッセージを発信していくのか? 高級ブランドではないので、たとえば「アメリカン・イーグルといったらヘルシー路線だよね」みたいなブランドイメージがもっと浸透してファンの獲得ができたらさらなる成長が見込めるかもしれません。

現時点で配当利回りは3%超、PER13倍ほど、株価は今が下がっていそう、とお得感がはあると思います。

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事