お金のない人はお金を使う、お金がある人は稼ぎたがる

変な人が書いた成功法則 より

成績が悪い人は、もっと勉強すればいいのに、勉強しない。

お金のない人は、もっと働けばいいのに、お金を使うことばかり考える。

逆に、お金を持っている人は、お金を使うことを考えればいいのに、なぜかお金を儲けることばかり考える。

どうしてなのか。

成績が悪い人、お金がない人は、自分に自信がない、自分のことを欠陥人間だと思っているからです。欠陥人間は行動してもダメだとおもっているのです。

頭が良くなりたい、お金持ちになりたいと口にしていながらも、実はそれらを真剣に望んでいないのです。

だから、勉強できない、働けない、行動できないのです。


わかるわー。

わたしの周りにいる人に限定すると、

お金がない人の行動力は、消費とか浪費とかに向かって、稼ごうとしませんね。少ない収入ないでやりくりしようともしないで借金すらしますが、お金が欲しいと言っています。

一方、お金を稼ぐ人は、仕事を通して人に喜ばれることが嬉しくて仕方がないから、どんどん働きます。お金を使うのも楽しいでしょうが、仕事をしたり稼いだりすることがさらに楽しいんですよね。

人によるお金の流れに注目すると面白いものです。

変な人が書いた成功法則 (講談社 α文庫)

新品価格
¥745から
(2016/6/20 10:18時点)

スポンサーリンク


シェアしてくれると嬉しいです♪

フォローする

このブログの新着記事